カテゴリー
Software

vimperator0.6preでのコマンドの追加方法

Ubuntuをhardyにしたら自動的にFirefoxが3になってしまい、vimperator0.5が使えなくなってしまったので、trunkを拾ってきて入れてみた。
0.5と0.6ではプラグインの書き方に互換性がないので、以下のページを参考に変更

vimperator 0.6pre trunk 3/1以降での変更点 – Dis Communication – 符号無し

したんだけどダメ。なぜか大元のvimperatorオブジェクトがないとかいわれる。vimperatorのコードをgrepしながらみていくと、vimperatorオブジェクトは消滅してliberatorなるものが代替になっている模様。以下のような感じ。


liberator.commands.addUserCommand(["google"], 'search google',
    function ()
    {   
        var url = "http://www.google.co.jp/search?q=";
        liberator.open(url + arguments[0].replace(/ /g, "+"));
    },  
    {   
    }   
);

変わりすぎだろ常考…

作成者: halt

PHPプログラマ。